美容皮膚科とは

美容の専門家といえばエステサロンや美容整形外科というイメージがありますが、美容と皮膚の両方を専門としているのが美容皮膚科です。美容皮膚科というのは一般の皮膚科と同じように皮膚科の診療も行うのですが、より見た目など美容面に重点を置いています。そのためエステサロンなどで受けられるマッサージや美白、皮膚科で受けるニキビの治療、さらにはシミ取りや脱毛など、様々な施術を受けることができます。

美容皮膚科は美容整形外科とは違い、基本的に肌にメスを入れることはありません。そのため整形のデメリットとして挙げられることの多い、元に戻せない、傷が残る、腫れたり赤くなってしまうということがありません。そのかわり劇的に変化があるわけではなく、効果を感じられるまでに時間がかかることもあります。どちらが優れているということではなく、目的に合わせて選択するのが良いでしょう。

エステサロンとは違いれっきとした診療科の一つなので、同じ施術でもよりレベルが高くなっています。例えば同じ脱毛のための施術でも、医療用レーザーを用いたレーザー脱毛は医療行為のため、医師のいないエステサロンではできません。エステティシャンでも行える光脱毛では効果が弱く、永久脱毛はできないと言われています。このように医療機関である美容皮膚科では、レベルが高い施術を安全に行えるという特徴があります。一般の人にとってあまり馴染みのない美容皮膚科ですが、どのような場所なのでしょうか。